ビーグレン ホワイトケアのメリット・デメリット

ビーグレンのホワイトケアのメリットとデメリット!

 

ビーグレンは独自の浸透テクノロジーを駆使して、目的別に色々なシリーズを展開しています。ニキビケア、保湿ケア、美白など肌の悩み別に選べるので嬉しいですね。

 

そのなかでもシミと色素沈着対策として開発されたホワイトケアですが、50代の基礎化粧品をお探しの方にはどのようなメリットとデメリットがあるのか詳しく見ていきたいと思います。年齢肌の第一印象は肌の透明感がとても大切なので、くすみ対策はアンチエイジングに欠かせませんね。

 

ビーグレンのメリット

ビーグレンのホワイトケアのメリットとデメリット!

 

ビーグレンのメリットは以下のような点があり、コンシーラーが手放せない、肌の輝きがなく暗い印象になる、くすみがひどく老けて見えるといった悩み対策のために大変注目されています。

 

  • シミが薄くなる
  • すっと肌に馴染む
  • リピート率が高い
  • 保湿効果は検証済み
  • 365日返金制度

 

 

ビーグレンのホワイトケアはシミやくすみの悩みをターゲットにしたアンチエイジング化粧品で、美白有効成分で有名な「ハイドロキノン」が配合されています。

 

ハイドロキノンと聞くと肌に刺激が強そうなイメージがありますが、ビーグレンはハイドロキノンを肌バリアに近い成分で作られた超微小カプセルに包み込んで配合しています。そのため肌に与える刺激が少なく、肌バリアにはじかれずに角質層のなかまで届くことが美白効果の秘密になっています。

 

シミ対策の化粧品は予防効果が高いものはありますが、すでにあるシミを薄くするものは意外と少ないですよね。その点ビーグレンはハイドロキノンを効率的に肌に与えるため、濃いシミが薄くなるメリットがありますよ。

 

 

そしてビーグレンといえば独自の浸透技術がいつも話題になっていますよね。「キューソーム」という浸透技術はビーグレンを開発したドクターケラーが発明したテクノロジー。美容成分をそのまま使うよりもキューソームカプセルに閉じ込めがほうが、肌のトラブルまで成分が到達しやすくなるというワケです。

 

一般的な基礎化粧品はスキンケア成分の性質が変化しやすく肌につけた瞬間に代謝されて効果が持続できない状態です。そんなトラブルを改善できるキューソームはすっとビーグレンがすっと肌に馴染む浸透性の高さにつながっているのでしょう。

 

ビーグレンを一度使うと他のブランドが使えなくなると定評がありますが、とてもリピート率が高いことも魅力的な理由のひとつですね。

 

他社ブランドと比較してもわかりますが、ビーグレンのリピート率は98.5%と高くその記録は更新中です。女性人気雑誌などでよく取り上げら話題性があるブランドといえますので、どれにしようか迷った時にぜひ参考にしてみましょう。

 

そしてビーグレンのホワイトケアはくすみやシミ対策に適したシリーズとしてお馴染みですが、もちろんアンチエイジングの土台となる保湿効果は抜群に良いと定評があります。

 

ビーグレンは保湿効果に関する効能評価試験を実施して、その結果が医学専門誌の「診療と新薬」に掲載されています。

 

顔の右半分にビーグレンの化粧水を使い、左側にはなにもつけない状態で肌の状態を観察したところ、あきらかにビーグレンを使ったほうが肌の水分量が高く、長時間保湿が継続できる結果が証明されています。

 

目的がはっきりしている人にはとてもメリットが多いビーグレンですが、やっぱり使ってみるまでは確信できませんよね。ビーグレンは365日返金制度がありますので、慌てずに使用感や効果を自分の目で確認できます。勧誘も一切ありませんので気軽に試せる点が魅力でしょうね。

 

ビーグレンのデメリット

ビーグレンのデメリットとして注意しておくべきポイントは以下の通りです。

 

  • 即効性がない
  • 敏感肌には合わない
  • クリームは日中に使用できない

 

デメリットとしてまずあげられる点はホワイトケアの即効性がないことです。アンチエイジングのなかでもシミケアはとても時間がかかりますので、どんなに効果が良いといわれている化粧品も、使ったその日にシミが消えることはありません。

 

ビーグレンのホワイトケアはくすみやシミ改善に向けた化粧品ではありますが、効果を実感するには最低でも3か月継続使用することをオススメします。

 

また配合成分のハイドロキノンは独自のテクノロジーで肌の奥にすっと馴染むように開発されていますが、それでも肌タイプによっては刺激を感じる場合もあります。とくに敏感肌だとハイドロキノンのせいで肌が乾燥しやすくなる、使った時のヒリヒリ感が気になる場合もあるでしょう。

 

ビーグレンには洗顔料、化粧水、クリーム、美容液など色々なタイプがありますので、自分の肌に合いやすいものだけを選んで使うのも方法ですね。

 

そしてもうひとつのデメリットとして覚えておきたいのは、キューソームホワイトクリームは、有効成分にハイドロキノンが使用されていますので、紫外線を浴びると変化しやすく刺激になる可能性があります。メーカーからも使い方として夜のみ使用するよう推奨していますので、日中は使用を避けたほうが安全です。

 

ビーグレンはこんな人にオススメ

ビーグレンのホワイトケアのメリットとデメリット!

 

ビーグレンのホワイトケアは普通肌のシミやくすみ対策としてオススメです。50代の基礎化粧品として人気がありますが、まずはトライアルで肌チェックしてください。

 

ハイドロキノンの効果が知りたい、肌全体的にトーンを明るくしたい人には満足できる化粧品でしょう。有効成分以外にもアルコール成分が配合されていますので、まずはトライアルで1週間お試しくださいね。

 

キャンペーン中ならプレゼントもついてくるので、洗顔からクリームまでラインでビーグレンを試すお得なチャンスですよ。

 

↓↓お得なWEB購入はコチラから↓↓

 

 

関連ページ

アスタリフトの購入前に知っておくべきメリットとデメリット
アスタリフトは知名度がある人気アンチエイジング基礎化粧品で、肌の弾力回復にとても良いという定評があります。他にはどのようなメリットがあるのか、まだ迷っている方に知ってほしいポイントをいくつかご紹介しましょう。合わせてデメリットとしても覚えておきたい点もありますので早速詳しく見ていきたいと思います。
アヤナスのメリットとデメリット!50代の肌に合ってる点は?
アヤナスはポーラオルビスグループの共同開発で生まれた敏感肌専門ブランドのアンチエイジングシリーズ。敏感肌は普通の肌よりも老化スピードが早いことに着眼し、デリケートな肌に合わせてアンチエイジングができる50代の基礎化粧品人気ブランドです。購入前に知っておきたいアヤナスのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
リペアジェルのメリットとデメリット!皮膚科医が絶賛する理由
リペアジェルは医学誌に掲載されるほどの本格的なアンチエイジングで、高品質のスキンケアとして海外でも評価をされています。皮膚科医が絶賛する理由はなぜか、リペアジェルのメリットとデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。年齢肌のために開発したいくつかのポイントは、あらゆる角度から若返らせる効果がたくさんあります。どんな特徴があるのかぜひチェックしていきましょう。
ライスフォースのメリットとデメリット!話題のお米の美肌ケア
ライスフォースはメディアでも大変話題になっているお米のエキスを使ったアンチエイジング化粧品です。すっぴん美肌を目指す方に人気がありますがどのようなメリットとデメリットがあるのか早速見ていきたいと思います。