50代になったら基礎化粧品は変えないとだめでしょうか。

50代になったら基礎化粧品は変えないとだめでしょうか。

50代になったら基礎化粧品は変えるべき?

50代になったことを機会に基礎化粧品を変えようか迷っています。今までの基礎化粧品で問題はないのですが、年齢に合わせた化粧品のほうがいいのですか?

50代からのアンチエイジングは40代とは違うアプローチをしないといけません。基礎化粧品は肌との相性が何よりも大切ですが、それだけでなく老化予防に効果があるお手入れをプラスすることが50代以降には必要です。

 

アンチエイジング化粧品の種類は色々ありますので、どれを選ぶかによって5年後の肌に違いが出ることも。そんな点を踏まえて50代からは基礎化粧品の見直しをすると安心ですね。まずはトライアル化粧品を使って満足できるブランドを探してみましょう。

50代はいつ基礎化粧品を変えるべき?タイミングと肌のサイン

 

50代の誕生日を迎えたらすぐに基礎化粧品を変えないといけないわけではありません。ほとんどの50代女性はすでに何かしらアンチエイジングを意識した基礎化粧品を使っていると思います。いまさら化粧品を変えるのは抵抗がある人も多いでしょう。

 

そこで50代からの基礎化粧品を変えるタイミングと肌の老化サインについて詳しくご説明したいと思います。肌に合っている今までの基礎化粧品にアンチエイジングを少しだけプラスするだけでも、スキンケア効果がアップしますよ。

 

50代からの基礎化粧品は

 

  • ハリ不足が気になる
  • 目立つ老化症状がある
  • かさつきやすい
  • 抗酸化成分をプラス

 

以上4つの点を見ていきましょう。

 

朝起きた時の肌のハリが減った時

朝の洗顔時に肌を触ってハリが足りないと感じたことがありませんか。50代は更年期障害を迎える年代でもありますので、女性ホルモンが急激に減少します。ある日突然肌が老化したように症状が出ることもありますので、毎日のチェックは欠かせませんね。

 

加齢によるハリが気になる時はコラーゲンなどのリフト成分をプラスしましょう。昼寝をしたときに顔の枕の跡が残ってしまったという場合はハリや弾力不足のサイン。今まで使っていた基礎化粧品よりもハリ効果が高いものを選ぶとよいでしょう。

 

シミやシワなどの症状がさらに目立つ時

50代になったら基礎化粧品は変えるべき?

シミやシワケアを40代から頑張ったつもりでも、50代になるとさらに老化症状が悪化してしまいます。このままでは老化スピードが速くなるだけなので、気になる悩みがある時は基礎化粧品の見直しをしましょう。

 

年齢とともにターンオーバーがどんどん乱れてしまいます。40代と50代では肌の働きが異なりますので、たとえ肌と相性の良い化粧品を使っている人も、気になる老化症状対策としてスポットケアの美容液やクリームなどをプラスすると安心ですね。ライン使いで揃えるのもよいでしょう。

 

肌が乾燥しやすくなったと感じた時

50代になったら基礎化粧品は変えるべき?

 

女性ホルモンの分泌が低下すると皮脂腺の働きが弱くなり、50代以降は肌の乾燥が目立つようになります。皮膚の表面ではかさつきがそれほど気にならない「インナードライ肌」は50代に多い症状のひとつ。粉を吹いたようなかさつきがなくても、肌のツヤがない、メイクのノリが悪いという場合は乾燥しているサインです。

 

基礎化粧品を選ぶ時は角質層の奥からしっかり保湿できる浸透性の高いタイプを選んでください。ビタミンC誘導体やナノ化分子の美容成分など、しっかりうるおいを届けるスキンケアがアンチエイジング保湿のポイントですね。

 

50代以降は抗酸化成分を積極的にプラスしよう

 

50代になると肌だけでなく体の細胞自体が劣化をはじめ、あちこちで老化サインを実感しますよね。肌の働きを全体的に活性化するためには抗酸化成分が欠かせません。ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなど加齢により衰えた肌細胞を活性化するためには、細胞レベルからアプローチしないといけません。

 

抗酸化成分は活性酸素による肌細胞の酸化や劣化を抑制する働きがありますので、50代から違った角度でアンチエイジングをスタートしましょう。また同時に食生活の栄養バランスを整えることや、睡眠時間をたっぷりとるなど、生活面からもスキンケアに良いことをどんどん取り入れてくださいね。