50代の更年期障害は基礎化粧品選びに影響するの?

50代を過ぎて更年期障害で悩んでいます。肌にも症状がでてしまいますか?

50代を過ぎて更年期障害で悩んでいます。肌にも症状がでてしまいますか?

更年期のためか、最近体の調子が悪いと感じることが多くなりました。それだけでなく肌もハリがなくなるなど色々な変化がありますが、これも更年期障害の症状なのでしょうか。

更年期は40代後半から50代にかけて多くの女性が体験しています。イライラや倦怠感、うつなど症状の個人差はありますが、ほとんどの女性が何かしらの変化を経験するといわれています。更年期は女性ホルモンの分泌が減少することが原因ですが、そのためお肌の働きに与える影響ももちろんあります。

 

急にシミが増えたり、ハリがなくなる、乾燥しやすくなるなど、更年期の時期はスキンケアも十分に意識して行いたいですね。特に毎日使う基礎化粧品は、肌にあうものを選ぶこと。そして睡眠や生活習慣にも注意しながら、更年期を快適に過ごすことが必要ですね。肌環境を整える為には更年期がはじまる前から、コツコツとスキンケアを続けることも効果的ですよ。

更年期障害にありがちな肌のトラブルってなに?

更年期になると体に感じる症状以外にも女性には気になる肌のトラブルも増えてくる時期。何歳になっても綺麗な肌を保つ為には、更年期の体の仕組みを理解して効率的なスキンケアをすることが大切ですね。50代以降は基礎化粧品にこだわってお肌のお手入れをはじめましょう。

 

肌の状態が不安定になる原因

更年期障害のほてりやイライラなどの症状は、女性ホルモンと関係しています。加齢により女性ホルモンの分泌が減少するために、肌の状態にも様々な影響を与えるのです。

 

特に50代になると肌の老化が急激に進むような気がしませんか。その理由は女性ホルモンのエストロゲン。エストロゲンは肌の潤い、シミやシワの予防をするための大切なホルモン。真皮層のコラーゲンを合成する働きもあるため、更年期の時期は肌の老化が急激に進んでしまいます。

 

もう一つの女性ホルモンプロゲステロンも加齢とともに減少しますが、このホルモンは皮脂の分泌をサポートする働きがあるため、50代過ぎると乾燥しやすい肌になってしまいます。

 

更年期になると増える肌荒れ

更年期障害に多いのが肌荒れ。減少する女性ホルモンの働きにより、肌本来の機能が衰えて皮脂の分泌が不安定になり、さらに水分を保持する力も減少しています。

 

40代ではさほど気にならなかった肌荒れも50代になるとさらに悪化し、いつも使っている化粧品ではあまり効果がないと感じることも。更年期を迎える50代前後の女性は、お肌のお手入れも年齢に合わせて変えていかないといけません。

 

肌荒れがひどくなるとかゆみや痛みなどの症状があり、するとそれがストレスになりさらに肌には悪循環。更年期を快適に過ごすことが肌にもよいコツになりますね。

 

更年期のスキンケアのポイント

更年期は女性ホルモンの分泌が減少していることが特徴。そのためお肌のお手入れも肌の働きに合わせて行うことが大切です。50代を過ぎたら基礎化粧品選びがポイント。保湿成分がたっぷり配合された化粧水や乳液、そして美容系なども上手に使い分けましょう。

 

スキンケアの基本となる洗顔から意識する事。肌をごしごし擦るとメラニンが活発になりシミの原因。洗顔後や入浴後は水分の蒸発が早い為、アンチエイジングコスメを使い化粧水と乳液でしっかり保湿をしましょう。保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が必要です。肌にすっと吸い込むような浸透性の高い基礎化粧品を選びましょう。