50代は紫外線対策のできる基礎化粧品を選びたい!

50代になっても日焼け止めを使ったほうがいいですか?

50代になっても日焼け止めを使ったほうがいいですか?

現在50代です。シミもあちこちにありますが、紫外線対策はこの年齢でもまだ必要なのでしょうか。日焼け止めが肌にあわないのでできれば使いたくありません。

紫外線による肌のダメージは皆さんご存じだと思いますが、メラニン色素を活発にする為シミやそばかすの原因になるといわれていますよね。紫外線対策として優れているコスメや基礎化粧品の種類もたくさんありますが、50代以降もまだまだ紫外線対策は必要です。

 

50代になると体内で活性酸素を発生しやすくなり、紫外線のダメージは肌も体も受けやすい状態。シミは皮膚の表面だけでなく下にも隠れているものがたくさんありますので、50代過ぎてもシミがさらに増える可能性があります。美白化粧品を使ったり、日頃から日焼け止めを使う習慣は今後もぜひ続けたいですね。

50代からの紫外線対策の3つのポイント

20代のころは肌も白くシミも少ない状態。見た目も気になる年齢なので紫外線対策に敏感になる方は多いですよね。50代を過ぎるとすでにシミだらけで、紫外線対策も諦めてしまう人も徐々に増えてきます。そこで知っておきたい3つの紫外線対策のポイントをご紹介したいと思います。

 

ポイント1:毎日紫外線対策をすること

50代の肌はとても敏感。紫外線対策は天気の良い日だけでなく、雨でも曇り空でも毎日行うことがポイントです。紫外線を浴びると体内で活性酸素が大量が発生し、肌の働きには悪影響となります。

 

そこで自分の肌の老化を知る為には手の甲をチェックしてみましょう。シミが目立つ手の甲は肌も同じ状態で老化が進んでいますよ。すでにシミがあるからと言って、ここで紫外線対策を油断するとさらに年齢肌へと進む要因です。若さを保つ肌を維持するためには、日常のスキンケアに紫外線対策も必ずプラスしましょう。シミは予防ケアが大切です。

 

ポイント2:日焼け止めの選び方

日焼け止めはどれを使うかが大切なポイントです。配合成分によっては年齢肌には刺激が強い場合もありますよね。日焼け止めはこまめに塗り直すことが効果的。敏感肌用の日焼け止めを使用して、毎日ケアをしましょう。そして肌の刺激を抑える為には、クレンジングと洗顔が大切。

 

毛穴の詰まりを綺麗にしないと肌に負担となり、毛穴の黒ずみ原因や乾燥肌の要因にもなってしまいます。心配な場合は、腕などにつけてチェックしてみましょう。また忘れがちな首も年齢がでやすい部位。紫外線対策をするときは首も忘れずに。

 

ポイント3:美白ケアをすること

若い頃から紫外線対策をしていても、シミやシワを完全に予防するのは難しいですよね。50代を過ぎるとターンオーバーの機能も減少するため、シミ対策もなかなか効果が発揮できません。そこでアンチエイジングに欠かせないのが美白ケア。有効成分のビタミンCやハイドロキノンなどを肌に補うことで、すでにできたシミを薄くし、予防効果も抜群です。

 

50代を過ぎたら予防と美白の両方でアプローチしましょう。そして肌の細胞を活性化するための保湿ケア。あらゆる角度からの対策が、50代過ぎからの美肌ケアには欠かせませんね。