基礎化粧品の効果は成分が決め手!

老化対策に効果がある化粧品の成分ってなんですか?

老化対策に効果がある化粧品の成分ってなんですか?

50代になったことをきっかけに化粧品を別のブランドに変えようと思っています。肌のハリやシミ、シワに効き目がある成分って何を選んだらよいでしょうか。

年齢ごとに化粧品を見直すのはとても大切なことですよね。同じ化粧品をずっと使っていても、肌の働きが衰えてくると同じ効果はいつまでも期待できません。50代になるとホルモンの働きもさらに減少するため肌の老化が急激に進んでしまいます。

 

必要な成分としては肌の細胞の新陳代謝を活発にする保湿成分や弾力をアップするコラーゲンなどがオススメです。また人気の基礎化粧品にはメーカー独自開発の成分を配合したタイプもありますので、人気ランキングを参考にして比較すると便利ですよ。

 

年齢肌にはまず保湿成分が忘れてはいけないものの一つ。化粧水や乳液など上手に合わせて保湿ケアをしましょう。

アンチエイジング対策に有効な成分を教えて

アンチエイジング化粧品を選ぶ時に重要なのが配合成分。保湿といっても成分によって効果が異なります。また配合される成分により相乗効果でさらにアンチエイジングができる場合もありますので、化粧品選びでぜひ知っておきたい有効成分についてご紹介しましょう。

 

老化予防に効果のある成分

加齢とともに衰える肌は、見た目年齢を若くする為には老化の速さを遅らせるケアが必要です。老化予防の成分として注目したいのがコエンザイムQ10。

 

酵素の一つユビキノンを補う成分として、細胞の働きを活性化する特徴があります。化粧品に含まれる成分としても有名ですが、サプリで体のなかに栄養補給するとさらにアンチエイジングに効果があると言われています。

 

そして年齢とともに発生しやすくなる活性酸素。活性酸素は細胞を老化させるため、アンチエイジングでは抗酸化作用の高いビタミンEがオススメ。体の老いを止めることはできませんが、これらの成分によりお肌年齢を若く保つことは可能です。

 

美肌効果をアップする成分

アンチエイジングでは、年齢肌の美肌ケアも目的の一つ。一目みてわかるような肌のくすみやシミは、美肌効果の高い有効成分がオススメです。ビタミンC誘導体は、浸透性が高い為加齢により衰えた肌の角質にもすっと染みこむ働きがあります。ビタミンCはメラニンの働きを抑制する効果もありますので、シミケアには欠かせませんね。

 

また美肌で人気のあるハイドロキノンはすでにできたシミを薄くする働きがありますので、肌年齢の若返りにも大変効果的。美白は肌の透明感アップなど、第一印象を変える為にも毎日のケアにプラスしたいですね。

 

無添加化粧品に注目

アンチエイジング対策には刺激の少ない化粧品がオススメです。年齢とともに乾燥しやすくなる肌は敏感になるため、添加物を使用しないタイプがおススメ。また肌本来の機能を高める為にも、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美肌成分は引き続き必要です。

 

肌に与える負担はシミやシワ、たるみの原因。そのため無添加化粧品が40代、50代に評価されていますよね。毎日使う基礎化粧品は目的に合わせ、肌環境にぴったり合うものを見つけましょう。効果ばかりを意識した化粧品には、刺激が多い場合もあります。慎重に基礎化粧品を選ぶことが50代以降の美肌ケアにも必要ですね。