50代の基礎化粧品の使い方!効果がでない時の工夫について解説

スキンケアで効果がでない時はこうしてみよう!

50代になるとこれまでと同じ基礎化粧品を使っていても、効果が今ひとつだと感じることも多くなります。毎日のスキンケアで効果に物足りなさを感じたら基礎化粧品見直しのサイン。このタイミングでスキンケアの方法を見直すことも効果アップのポイントです。

 

スキンケアで効果がでない時はこうしてみよう!

 

基礎化粧品の使い方を見直してみる

若い頃は肌を甘やかさずに、パッティングなどで刺激を与えてあげることも必要ですが、50代になると極力肌への刺激を抑えたスキンケアが大切です。

 

美容成分がたっぷり配合された基礎化粧品を使っていても、必要以上に肌を触っていれば、本来期待できる効果を得られなくなってしまいます。これまで以上にやさしいスキンケアを心がけましょう。

 

朝晩のスキンケアでメリハリをつけたケアを

眠っている時間は成長ホルモンが分泌される言わば美肌タイム。夜のスキンケアはゆったりとした気分で行いたいものです。朝のお手入れは紫外線対策を重視することが大切。朝晩のケアは目的が違っていることを理解した上で、必要なケアを行うのが効果アップの秘訣です。

 

50代はいつもの基礎化粧品にマッサージやコットンパックをプラス

年齢肌悩みが出てくると、いつもの基礎化粧品だけでは足りな気がして特別なアイテムの購入を考える方もいらっしゃるでしょう。

 

いつもの基礎化粧品も使い方に一工夫すればスペシャルケアが可能です。化粧水を含ませたコットンでパックしたり、目元にクリームを重ねづけすれば、使っている化粧品は同じでも効果が断然違って来ます。50代のスキンケアは基礎化粧品の賢い使い方がポイントです。

スキンケアで効果がでない時はこうしてみよう! 記事一覧

肌の摩擦をできるだけ減らして使ってみよう50代からは基礎化粧品を見直すこともスキンケアに大切な点ですが、使い方も少しだけ...

寝る前の使い方が美肌効果アップの秘訣年齢肌のケアを習慣的に続けるパターンを見直してみましょう。50代をすぎると、40代で...

スキンケアに効果をもたらすマッサージの役割について50代の基礎化粧品は保湿だけでなく、美白や肌のたるみ改善など皆さんそれ...

50代のスキンケアのコツ!いつもの基礎化粧品で目元ケア老け顔に見える原因に目元のたるみやくすみがあります。なんとなく影が...