50代こそ肌の声を聞いて洗顔や基礎化粧品を使いましょう!

50代こそ肌の声を聞いて洗顔や基礎化粧品を使いましょう!

52歳の専業主婦です。乾燥肌なのと、もともとそばかすが多くて年々シミが増えてきたようなきがするのが悩みです。

 

出来たシミをレーザーではなくなんとかしたい。ケシミンクリームは効くのか?

40代、50代になると、シミは防ぐだけではもう無理。なぜかといえば、すでに蓄積されていてはっきりとした濃いシミができている人が多いと思います。
友人の中には美容整形でレーザーで焼いてきれいにした人もいますが、お金もかかることと、なんといってもレーザーを使った後しばらくの間、シールのようなものを貼って過ごさないといけないんですよね。
なので、私は、ドラッグストアで買える”ケシミンクリーム”を試してみることにしました。
1500円かからないですから、試すには気軽に試せる商品だと思います。
そして、使い始めて半年です。
2本目が終わりそうですが、これ、意外に効くのではないかと実感しています。
はっきりとしたシミの輪郭が消えてきているんです。
それと、新しいシミに効果があります。
シミができそうになっていたところにまめに使ってみたら、シミの前兆がきえたのです。
こういうこと、大事です。

 

冬は乾燥の時期。クリームよりも洗顔に気をつけましょう!

冬はやはり乾燥します。
それと、海外旅行などにいったら、ヨーロッパ、アメリカなど、乾燥していることが多いです。
日本の冬よりもすごいんですよ。
向こうで普通にいつものお手入れをしていたら、皺が増えてきました。
そこで、向こうでもやっていましたが、日本の冬も乾燥に備えて、洗顔料を替えたのです。
いつもは、コーセーの雪肌精の洗顔料ですが、冬は資生堂のコンディショニングウォッシュ(d プログラム)にしてみました。
これは、口コミで乾燥肌にむいていると書いてあったので使ってみました。
そして、必ず、手を洗ってきれいにして、泡だてる時間を多めにして、肌にはやさしく包むように泡をのせる方法にしました。
あと、洗顔料を洗い落とすのもぬるめのお湯(熱いお湯はNG)でゆっくり落としました。
雪肌精の洗顔料は洗いあがりがさっぱりしていましたが、やはり冬は洗顔料を替えた方がよかったです。

 

洗顔の時は洗顔ネットを使って泡泡にしてみて!

洗顔の時に実は大事なのは泡で落とすということだそうです。
冬はコンディショニングウォッシュ(d プログラム)、以外の季節は雪肌精の洗顔料を使っていますが、いずれも洗顔料を必ずきちんとふんわりと泡立てることが大切だと知りました。
以前はついつい力を入れて洗顔してしまっていましたが、泡の洗顔に替えた方が肌のきめまで整ってきた気がするのです。
そして、泡を作るには手のひらで泡立てているだけではだめです。
やっぱり、細かい泡をしっかりと作る必要があるので、専用のネットを使ってください。
ネットがあれば簡単にしっかりとした泡が立ちますから、その泡を顔につけるという方法で洗顔するといいのです。
洗顔料があまり泡立っていない状態で肌につけてごしごしとしてしまうと、必要な油分まで取られてしまうような気がしますので、乾燥肌の人は特に泡で洗ってください。

関連ページ

ソフィーナのアルブランはエイジングケアにおすすめする基礎化粧品ブランド
ビューティーアドバイザーに主婦である私が毎日適量を使用しても手が出せる金額で、美白と保湿に効果があるブランドの中からいくつかピックアップしてもらいました。 ソフィーナのアルブラン、資生堂のHAKU、コーセーのインフィニティの3点です。
濃くなってきたシミをどうにか薄くするためにケシミンクリームを使っています
ケシミンクリーム、つまり、”シミ”を消すクリームというわかりやすいキャッチーな名前に惹かれてドラッグストアで買ってみました。 出来てしまったシミを完全に消えすことはできないとしても、なんとか薄くなるのではないか?という期待がありました。
メーカーの撤退で化粧水とファンデーションの変更に悩む
数年前からマックスファクターが日本撤退となったため、ファンデーションと化粧水の変更を余儀なくされています。 慣れてしまえば、どこのメーカーも皆品質が良く僅かな違いなのですが、未だに決められていません。
アレルギー性脂性敏感肌にもキュレルは効果あり
私の肌はアレルギー性の敏感肌で、夜寝る前に限らず日中でも、顔の肌に油分や跳ねてついた食品の汁などの刺激によって、あっという間に地腫れを伴う吹き出物ができてしまうのです。
パラベンアレルギーがあると手頃な基礎化粧品を見つけるのが大変です
皮膚科の先生はそれぞれの化粧品にかいてある原材料をチェックし、複数の化粧品に共通の材料に丸を付けました。それをしばらく見つめていた先生は「パラベンが原因かも知れない」と私に告げました。
敏感肌の私にも合うものが!これ1個で簡単!オールインワンジェル
私は、子供のころからアトピー性皮膚炎に悩まさせられてきました。年頃になると周りの友達が化粧品を使うようになっても、私は肌がボロボロがさがさ。周りの友達をまねして、某化粧メーカーの化粧水や乳液を購入して使うも肌に合わず。赤くただれてしまい、数回使用して友達に譲ってしまってました。
綾花のリンクルクリームで重度の乾燥肌の状態が本当に改善された
46歳の在宅ワーカーの主婦です。とにかく重度の乾燥肌には子どもの頃から悩んでいます。色々な保湿化粧品を使用してきた中で綾花のリンクルクリームで乾燥しきっていた肌が潤いました。
わたしの肌の悩みを壊してくれた、セザンヌの化粧水とは
52 会社員 今使っているのが、セザンヌのというメーカーのスキンコンディショナー高保湿という商品です。若いころはまだよかったです。肌にハリもあり、そのうえ肌に脂もある。化粧品を塗ったら、そのぶんだけ肌に吸い込んでいくような、浸透してるような感覚があったのです。
アンチエイジングは年齢よりも自分の肌質を知ることから始めましょう
20代の頃の私は美容部員から褒められる程の肌質の持ち主でした。私がまだ20代の頃。たくさんのブランドからホワイトニング化粧品が売り出され、美白ブームが過熱していました。元々色白でキメの細かい肌質でしたが、より色白で綺麗な肌になりたくて某デパートの化粧品コーナーへ足を運びました。
乾燥肌の肌にも化粧品が浸透しやすくなる薬師堂の液状ソンバーユ
42歳 在宅ワーカー 薬師堂の液状のソンバーユ かなり重度の乾燥肌でシワや肌のツッパリ感、タルミもかなり気になっているのでしっかりと肌を保湿できる方法を探していました。
唯一毛穴に効果がったのはナチュラルオーケストラのホホバオイル
51歳 在宅ワーカー ナチュラルオーケストラのホホバオイル 乾燥肌の上、加齢と共に毛穴の開きと黒ずみが気になるように毛穴対策用品をたくさん使用してみましたが毛穴の悩みは改善せず乾燥やしわと共に毛穴も大きな悩みになっています。
いろいろ試したけれど結局価格に落ち着いた私の化粧品選び遍歴
48歳の専業主婦です。現在は、ピュアナチュラルのクリームエッセンスモイスト(プチプラコスメ)を使っています。美白に興味を持っています。
肌の質は基礎化粧品で変わってくるものです
ずっと使っている基礎化粧品があります。しかし通常のスーパーや薬局に売っていないため、忙しい日が続いたりして買いに行けないことがあった時、つい薬局で違う品を調達してしまいました。私は肌がわりと強いと思っていたので合わない基礎化粧品はないと自負していました。
オールインワンジェルのフィトリフトを使ってから肌が綺麗になれた
乾燥肌で、メークをしても馴染まなくて悩んでいました。メークが浮いたように見えてしまう為に、厚化粧に見られてしまいます。インターネットで検索して、乾燥肌に効果のある成分を調べていました。そうしたらライスパワー№11という成分が良い事を知りました。